本文へスキップ

沖縄でケラマ諸島へのクルージングの楽しみ方について書いています。

TEL. 080-3255-8482

〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山6-2-11

沖縄でクルージングOKINAWA CRUISING

沖縄でケラマ諸島にクルージング

沖縄で船を所有しているとか、購入予定とか、レンタルできるなどで、クルージングを楽しみたい人に向けたお話となります。

沖縄でのクルージングの楽しみ方は色々とあるかと思います。

ここでは、沖縄でのクルージングの楽しみ方について書いてみたいと思います。

まずは、沖縄のダイビングスポットとしても有名な慶良間(ケラマ)諸島。

ケラマ諸島は、沖縄県那覇市の海岸線から西に約30kmから40kmくらいの範囲に点在する大小20余りの島々からなる列島です。

世界の5本の指に入ると言われているケラマ諸島の海は、透視度30mくらいあり、様々な魚たちやウミガメやサンゴ礁などを見ることができ、ダイバーに人気のスポットになっています。

また、白い砂地だと太陽の光が反射して本当に美しい海が見られます。

ケラマブルーと称されるこの海は、クルージングで行って船の上から眺めているだけでも感動するほどの美しさですので、ぜひ行ってみたいポイントかと思います。

ケラマ諸島は、主に渡嘉敷島(とかしきじま)や座間味島(ざまみじま)が人気で、那覇市泊(なはしとまり)の港からフェリーや高速船が出ているので、毎年多くの観光が訪れる場所でもあります。

このようなケラマ諸島ですが、クルージングで行くとした場合、どのあたりに行ったら良いのか分からないということもあるでしょう。

まず、どのくらいのサイズの船だったらケラマ諸島に行けるのかというところからお話しますと、最低でも23ft以上の船になるかと思います。

もちろん、天候が良くて波も風もないようなベストコンディションのときなら23ftの船で行けるという話で、波があったり風があったりするとかなり厳しいと思います。

那覇市、宜野湾市、北谷町あたりからダイビング船が出ていますが、大きさは40ftから60ftくらいの船が多く、基本的にはこのくらいの大きさの船で行く場所だと思った方が良いかもしれません。

また、ケラマ諸島までの直線距離を40kmとして考えても、巡航速度18ノットから20ノットくらいの船だと1時間30分くらいの時間がかかりますので、帰りの天候などもしっかりと調べてから出航する必要があります。

23ftから26ftくらいの船で行く場合には、予め日程を決めて行くというよりは、「今日は天気が良くて波や風もないコンディションだから、ケラマ諸島まで行ってみようか」という感じで、当日にコンディションがすごく良かったら行けるポイントだと思ってください。

もし23ftから26ftくらいの船でのクルージングでケラマ諸島の美しい海を見たいと思ったら、ケラマ諸島の中でも那覇市に最も近いチービシ諸島と呼ばれている無人島周辺の海を見に行くのが良いと思います。

ケラマ諸島は那覇市の海岸線から西に約30kmから40kmといいましたが、それは渡嘉敷島や座間味島などの有名な有人島を中心に考えた場合のことで、ケラマ諸島に属する島々の中で那覇市の海岸線から西(西北西)に約10kmから14kmくらいにチービシ諸島と呼ばれる無人の島々があり、このチービシ諸島もダイビングで有名なポイントが沢山あって、ウミガメなどもいてとてもキレイな海の色をしています。

詳しくは、チービシ諸島へのクルージングのページをご覧ください。

話を渡嘉敷島や座間味島などを中心としたケラマ諸島に戻します。

ケラマ諸島も広いので、その中でどの辺りにクルージングに行くかは迷うところかと思います。

オススメと言えるかどうかは分かりませんが、クルージングで行くのなら、最初は儀志布島(ぎしっぷじま)の南西側(ほぼ南)あたりが良いかと思います。

儀志布島は、渡嘉敷島の北に位置する無人島で、この南西側は波や風が穏やかで、多くのダイビング船がこのポイントでダイビングした後にそのままランチタイムに入る場所です。

クルージングで行く場所としてオススメしたのは、波や風が穏やかであることや海がキレイなことからアンカリングして休憩するのに適しているからであり、さらに何かトラブルが起こった場合でも周囲にダイビング船がいるので安心であるからです。

また、海だけでなく、島の砂浜や緑色の木々などが景色の中にあると、コントラストとなってなかなか良いのです。

渡嘉敷島や座間味島などには、とても美しいビーチなどがありますが、こうしたビーチに船で近づきすぎると海水浴をしている人やマリンスポーツなどを楽しんでいる人の迷惑になる可能性があるので気をつけなくてはなりません。

一方で、儀志布島のように無人島であれば、周囲のダイビング船などと適度な距離をとってアンカリングすれば良いだけですので、クルージングで行くには良い場所だと思います。

この辺りをクルージングすることに慣れてきたら、少しずつ他の色々なポイントに行って楽しむというのが良いかなと思うので、一つの参考にしてみてください。




【儀志布島】


Googleマップ


慶良間諸島の儀志布島

慶良間諸島の儀志布の西側の海の様子









バナースペース

プライベートクルーズ沖縄

〒901-2223
沖縄県宜野湾市大山6-2-11
TEL 080-3255-8482